もう間もなく!ガス自由化で注目の企業比較

home > ガス自由化情報 > 気になるガス自由化とはどんなことでしょうか

気になるガス自由化とはどんなことでしょうか

ガス自由化という制度が2016年4月からスタートされています。
今までは住んでいる地域の特定の会社からしかガスの契約が出来なかったのですが、自分の好きな会社を選んで契約できるようになりました。
これまで支払っていた料金を見直すこともでき、場合によっては安くなります。
また様々なサービスも充実すているのでお得にガスを使用できることがメリットです。
ガス会社が競争をするので、更に料金を安く設定するという事も考えられます。
大手のガス会社ではそれまでの料金よりも7%ほど安くなると言われています。
毎月の金額では数百円でも、年間にすればとても嬉しい金額です。
使う側とすれば競争が激しくなりさらに安くなることを望みます。
会社によりガスの品質は変わりません。
また新たな工事の発生もないので、興味のある人は一度検討してみてはどうでしょうか


ガス自由化の反響はどうなっている事か

昨年ごろから電力の自由化が始まり、テレビでも毎日様々な情報が流れていましたが、今年からガス自由化が始まってからと言うもの、めっきりその様な話題や、情報も耳にしなくなったように感じます。
一体どれほどの反響があったのかさえも今となっては、サッパリ分かりません。
そして、この自由化ですが、企業や、会社、個人の場合には、戸建て住宅であったりしないと、導入は不可能なように思われます。
マンションや、アパート、特に賃貸契約で住んでいる場合には、選ぶ権利さえも無いのではないかと思われます。
そして、やはり、メリットとしましても、大家族で有ったり、使う量も多い家庭には料金を抑える事が可能だという事です。
どちらにしましても、反響や、ニーズは今一であるのではないかと感じます。
あんなに湧き上がっていた事が嘘の様に感じられます。



ガス自由化のメリットとデメリット

ガス自由化のメリットは消費者個人でガス会社を選べるため、ガスの値段やその会社のポイント制度など自分が一番得をするのを選ぶことができるため消費者がコストを下げることができます。
また200を超える新たな会社が参入しているため近年世界的にガスの値段が上がってきているのにもかかわらず日本ではガスの値段が下がっているということが起きています。
つまり以前、国が独占的にガス事業を行っていた時よりもガス事業がより活発化するでしょう。
次にガス自由化のデメリットは国ではなく民間企業が行うため自己責任の範疇が広がることや、大都市圏しか恩恵を受けられないということです。
地方都市は民間企業ではカバーできないため今までどうり国のガス会社に頼るしかないからです。
最後にメリットとデメリットではメリットのほうが多いですが慎重に考えてからガス会社は変えたほうがいいでしょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP