もう間もなく!ガス自由化で注目の企業比較

home > ガス自由化情報 > 実際切り替え方が良いの?そのままが良いの?

実際切り替え方が良いの?そのままが良いの?

電力が自由化されてさまざまな企業が新電力として小売りに参入しています。電力に続きガスも自由化されることになります。
ガスの自由化は基本的に都市ガスのことです。住むエリアや賃貸物件などプロパンガスを利用しているエリアではプロパンガスは自由化となっているため今回はじまる自由化の対象にはなりません。都市ガスとプロパンガスでは金額差などさまざまな影響があるため、プロパンガスの価格にも変動される可能性もあります。
ガスは業者が変わっても現在利用しているガス管を利用して各家庭に供給され、ガス器具の交換も不要です。

新規参入業者が今までのガス業者のガス管を借りるため、業者間で託送料金は発生します。工事費が高くガス管の行き届いていない地域も多く、新規参入業者のガス料金に託送料金がどう対応されるかがポイントになります。
自由化されるガスはどの企業でも参入できるというわけではありません。ガス事業者としての適格性も問われます。ガスは命の危険も伴いガスを扱うため相応しくないとみなされた場合には参入はできません。保安部分は今までのガス業者が行うため今までと変わらずガスを利用することできます。ガスの質も心配している人もいますが、国の厳正な基準を通ったガス管に流すことができないため安心です。
日本ではガスはほとんど輸入していて、天然ガスを液体にしたLNGにしてから輸入し、気化させてから各家庭へと供給されます。新規参入の企業がガスを自社で輸入することは資本面など難しく、ガスを輸入している会社からガスを作っている会社から卸売りを受ける形となり、料金に反映されてきます。
ガスの自由化されることによって消費者が一番期待する部分が料金です。住んでいる地域によって契約するガス会社が決まっていますが、自由化によって競争が発生するため今までよりも料金が安くなることが期待することができます。
電力自由化では電気料金が期待しているよりも下がらなかったというイメージがありますが、ガスの自由化でも託送料金や卸売りの流れなどからガス単体では料金があまり下がらないということが予想されます。
電力やガスが自由化されることによって、両方扱う業者が増える可能性が高く、さまざまなセットプランができてトータル現状よりも抑えることが可能性が高まります。

都市ガスはある程度人口が多い地域にしかガス管が設置されていませんが、工事費が多額なため都市ガスが行き届いていない地域が多いですが、自由化によってガス管が整備されて都市ガスが自由になるエリアが広がる可能性が出てきます。
プロパンガスは都市ガスよりも金額が高いですが、プロパンガスしか使えなかった家庭でも都市ガスを利用できるメリットが出てきます。ガスの自由化のデメリットはガスの値上げの可能性です。
ガスはほとんどが輸入に頼っているため世界情勢や原料高騰によって料金の値上げされる可能性があります。今までガス業者がそれぞれのエリアを独占してきた理由は国のガスの料金保護がありましたが、自由化されることによって原料価格との兼ね合いが出てくる可能性が出てきます。
ガス料金が各企業によって原料高騰によって料金が値上げする割合も異なり、価格が不安定になる可能性があるため自由化によって業者を切り替えする場合には加入前に解約の条件を確認しておきます。
電力の自由化によってさまざまなプランが出てくることが予想されます。プランの比較は難しいですが、比較するときには解約条件もチェックしておくことも大切なことです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP