もう間もなく!ガス自由化で注目の企業比較

京葉ガス

  • レーダーチャート

    5

京葉ガスでは、ガス自由化に伴いバリューほっと(バリュープラン)を新たに創設しました。月平均で20立方メートル以上を利用しているお客様向けにダイレクトメールでご案内しています。他に特定のガス機器など設置しなくても申し込めるお得なプランなので、多くのお客様に利用してもらえるガス料金を提供できます。

ガスの自由化に先駆けて電気の自由化が行われていますが、京葉ガスではガスをご利用中のお客様向けに電気の利用も承ることが出来ます。ガスと電気を一緒に申し込んでもらうことで、さらに割引感のある料金設定が可能になります。

京葉ガスでは、エコ環境を目指してクッキングスクールを開催しています。日中に開催される定期料理教室と会社帰りや休日に開催されるAfter5 & Sunday Cookingがあり、エコ環境に優しく暮らしを豊かにする料理で地域貢献にも努めています。

東京ガス

  • レーダーチャート

    5

東京ガスは、2017年4月から始まるガス小売り全面自由化(ガス自由化)に対応します。もともと都市ガスを利用していた場合はガスメーターを取り換えることなく、東京ガスに契約を切り替えることができます。東京ガスではガス配管の漏洩検査や給排気設備などの調査を定期的に無料点検しているので安心です。

一般料金の他に、潜熱回収型高効率給湯器やガス温水床暖房など特定のガス危機を利用している場合に割引されるプラン、利用料金に応じて提携ポイントに交換できるポイントが付与されるプランなどお得なプランが複数用意されています。また東京ガスでは電気の販売も行われていて、ガス、電気ともに東京ガスを利用するのであればよりお得になるプランも用意されています。

東京ガスで提供している都市ガスは、天然ガスが原料で環境に優しいです。また空気より軽いため、ガス漏れなど万が一の時も、人や動物がガスを吸いにくく、換気も容易となっていて安心です。また都市ガスには、ガス漏れ時などにわかりやすいように付臭材で匂いがつけられていますが、この付臭材に毒性はなく、燃焼後に匂いが残らないものなので安心です。

大東ガス

  • レーダーチャート

    4

2017年4月には、昨年の電気料金の自由化に続いて、ガスの利用料金に関する自由化も実施されます。ガスがガス会社のみならず、電気会社や携帯電話会社など幅広い企業が参入しています。しかし、自由化の意味がわからない人もいるかもしれません。

従来、都市ガスや天然ガスなどのガスの販売は、一般的には、ガス会社により行われていました。ガス自由化というものはガス会社から、企業などがガスを購入して小売りして家庭に供給することをいいます。ガスには都市ガスと天然ガスの2種類があります。

今回の場合は、都市ガスの自由化に限定されているようです。天然ガスは、対象外であるということは、忘れてはなりません。大東ガスでも自由化が実施される予定です。ガス会社ならではのノウハウがあります。

大多喜ガス

  • レーダーチャート

    4

大多喜ガスは昭和31年8月13日に設立されて50年以上が経過するガス会社の1つです。このガス会社は千葉県の外房地区にある茂原市茂原というところに本社が設置運営されています。またこの会社はここ以外に市原、八千代、千葉、成東にもサービスセンターが設置されています。

さらにこれとは別に千葉市内にリビング営業グループ、特需営業グループが、本社内に産業営業グループが設置されています。その会社の従業員数は約260名ほどで、顧客数は約16万6000件ほどとなっています。このガス会社では昨年からガス自由化政策に伴い地域外へのガス販売供給を開始しています。

このガス会社の特徴は都市ガス供給ですが、ガスは国内では希少とされる、地元の千葉県産の天然ガスを使用しています。そのために為替などによる価格変動の影響を受けにくく、輸送コストが抑えられるとしています。

東部ガス

  • レーダーチャート

    4

2017年4月には、昨年の電気の自由化に引き続きガスの自由化が始まります。東部ガスは、ガス会社ならではの独自のノウハウを活かして、生活しやすいような環境作りを提案しています。ガスの自由化にともない、各企業の参入が予定されています。

民間の会社は、携帯電話の料金などとガスの料金をセットにして、お得なプランを提供しているところがほとんどです。ガス自由化が始まった場合、ガスを小売りすることによる料金改定なども行われます。東部ガスを契約している場合でも値段の変更があります。

また、昨年から電気の自由化にともない、電気の小売りも始まりました。ガス料金と電気料金を同時に契約した場合は、セットプランとしてお得な金額でご利用いただくことが可能です。

武州ガス

  • レーダーチャート

    3

武州ガスは埼玉県の川越市に本社を構えるガス会社です。この会社が創業したのは大正15年10月で、以後は随時規模を拡大し、現在では従業員数が約230名ほどとなっています。また本社以外に所沢営業所、坂戸事業所、川越供給所、吉見供給所の各事業所を展開しています。

なおこの会社ではガス自由化なども相まって、現在の供給地域は埼玉県の川越市を中心に7市4町となっています。その7市4町は川越市、所沢市、狭山市、ふじみ野市、鶴ヶ島市、日高市、飯能市、川島町、吉見町、毛呂山町、小川町となっています。なお本社と所沢営業所の営業時間は平日の8:30から17:15までとなっています。

また武州ガスではこれらとは別にサービスセンターを川越、狭山台、上福岡、松葉町、新所沢、北坂戸に開設しています。これらの営業時間や定休日は各店舗によって若干異なります。なお武州ガスでは同時に電力供給事業にも参入しています。この電力供給は東京電力の取次となり、低圧は登録番号A0064を確保しています。

ガス自由化で参入する会社はガスがないとできない

電力自由化の時、比較的多くの会社が参入をして来ました。ガス会社や電話会社だけでなく、地域の団体などが参入することもあります。
それができるのは、発電自体が比較的簡単にできるからです。太陽光発電やガスでの発電など各家庭でも発電はできています。ガス自由化となれば、多くの提供会社が参入してそれによって価格が引き下げられることが期待されます。
しかし電力会社に比べるとあまり参入会社は多くありません。参入するにはガスが必要になるからでしょう。ガスは発電などのように自由に作ることができません。現在参入の可能性があるのは、発電でガスを輸入している電力会社、石油などの輸入をしている会社などでしょう。
ガスの場合、ガスを備蓄するための仕組みが必要になります。既に持っている会社などでないとすぐに参入することはできそうにありません。将来的には増える可能性があります。


ガス自由化で知りたい各地域の平均ガス料金

電気、ガス、水道などはそれぞれ特に品質に差はありません。各社と契約をすると、基本的には同じものが利用できます。
しかし、地域によって料金が大きく異なります。水道などは、水質がきれいなところだと安くなり、あまりよくないところだと高くなるなどの事情があります。ガス自由化によって、ガス料金が安くなることが期待されます。
この時には、ぜひ各地域のガス料金もチェックしてみましょう。ガスは水道とは異なり、特に浄水などのコストはかかりません。にも拘わらず、地域によって料金差があります。それぞれの地域でガスを使う量などが異なることが原因かもしれません。各地域のガス料金の差を知っておくと、選ぶときに参考になる場合があります。
また、引越しなどをするときにも、どの地域がいいのか選べるかもしれません。関東地方、近畿地方といった場合、都府県で差があるなら、できるだけ安いところで探すなども可能になります。


ガス自由化なら値上げと値下げの会社を選択

輸入をするとき、円高であれば割安で購入が可能になります。一方、円安が進むようになると割高になる場合があります。為替変動は日本の景気、世界の情勢などによって変化するので、注意が必要です。
常に同じ状況とは限りません。ガス料金といいますと、料金を決める要因として為替の影響がありました。円安を原因にして値段が上がるなどが良くありました。上げるといわれても利用者はその会社しか選べなかったので応じるしかありません。企業もあまり努力をしない可能性があります。ガス自由化で期待されるのは、競争とされています。
為替による影響は輸入業者ならどこでもあるはずです。でも他社よりも良いサービスをしようとすれば値上げをしない、値下げをしてくれる可能性があります。利用者が値下げをする会社を選べば、値下げ合戦でより価格の低下が期待できます。

カテゴリ

PAGE TOP